« 2014年7月2日 | トップページ | 2014年7月15日 »

2014年7月14日

2014年7月14日 (月)

【7月13日】デスクワークday。

きょう(7月13日)はデスクワークが多めの日。朝から依頼頂いた原稿などと格闘。女満別空港の管制塔の建て替え工事が始まってます。網走市内の潮見コミニュティセンターでは利用者を増やそうと活動団体を紹介するパネル写真を掲示する取り組みを実施中。良いですね。

明日は朝から東京農大へ。網走市議会新人議員勉強会「同期会」で1年生向けに「シギカイって何?」をテーマに授業を行います。未来の有権者に地方議会を身近に感じてもらおうと企画しました。さてさてどんな展開になるか。楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月12日】KAGAYAさんのアート展が北見で始まる。

天空のキャンバスーKAGAYA星空アート展ーのオープニングセレモニー@北網圏北見文化センターにお邪魔してきました。宇宙と星座、そして銀河鉄道の夜をテーマにしたデジタルペインティング&プロジェクションマッピングの作品群と、プラネタリウムでの壮大な映像作品が両方楽しめます。きょう(7月12日)はKAGAYAさん本人も登場してテープカット。引き続きギャラリートーク。KAGAYAさんは道東の大自然と星空が大好きで毎年必ず来訪頂いているとのこと。

そんなKAGAYAさんと鉄道の旅を楽しめるイベント列車「スターライトオホーツク with KAGAYA」(主催・JR網走駅旅行センター、企画・石北本線利活用推進連絡会)を8月2日に運行します。車内をKAGAYAさんの作品で装飾し、列車前面にはKAGAYAさんオリジナルデザインのヘッドマークを装着。網走ー金華間を往復し石北本線を盛り上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月11日】久々の白糠町。

今日(7月11日)は午前中の会派代表者会議、議会運営委員会、議会広報委員会を終えて、午後は釧路で幾つかの役所と企業回り。

のついでに釧路市のお隣・白糠町へ。シソ焼酎「鍛高譚」に原料用シソを供給している街。他にもシシャモ、ヤナギダコ、チーズ、ラム肉など食材の宝庫。新聞記者時代に担当していた街でもあり懐かしい気持ちで役場へ。6月に就任されたばかりの木村政勝・副町長にご挨拶。役場の皆さんも元気そうで何より。最近、地元の旅館や飲食店の2代目3代目が他地域から街へ戻り、食による地域おこしに新たな動きが起きつつあるそう。興味深い。

町内の道の駅・恋問館には近接するメガソーラー発電所を見渡す展望台が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月11日】韓国ソウル新聞が日本で発行するフリー紙「TESORO(テソロ)」に「ご当地ちゃんぽん」の記事を掲載

韓国の国内紙ソウル新聞の東京支局が発行している無料の新聞「TESORO(テソロ)」7月号に私の記事が掲載されました。テーマは長崎の郷土料理「ちゃんぽん」。中国から長崎に入り、人とモノの流れと共に全国へ伝播したちゃんぽんの道、韓国におけるちゃんぽんの状況とその歴史的な生い立ちなどを、私が事務局長を務める「ご当地ちゃんぽん連絡協議会」の取り組みと合わせて、つらつらと書かせて頂きました。もちろん、地元・網走ちゃんぽんや世界一の長さのやきちくわづくり対決のPRもしっかりしております。

TESOROは、ソウル新聞が日本と韓国の市民目線の話題を地道に伝えていこうと昨年から東京をベースに日本語で毎号約1万部を発行。料理や音楽などの文化、スポーツ、若者のトレンドといったソフトな話題から韓国の政治経済、日韓交流の現状などまで柔らかく、落ち着いた切り口で書いています。日本国内の韓国総領事館や韓国観光公社などで無料配布中。

過日、編集長と意見交換をした際、いろいろと話が出た中で「日本各地のご当地ちゃんぽんと韓国のちゃんぽんの違いと共通点」というテーマが面白かったらしく、原告執筆の依頼を頂き、今月号で韓国のかき氷「パッピンス」や冷麺の特集と共に、私の「東アジアに広がるちゃんぽん回廊」についての考察も掲載と相成りました。TESORO7月号は網走市内の網走湖荘、中華料理「天山」、キタノ靴店、ダニエル・ドゥ・ノウ4条店に置かせて頂きましたので、ご入用の方は各所にて入手してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月10日】中日友好協会の御一行が網走訪問。


中国における日本との民間交流団体「中日友好協会」の日本訪問団の御一行が本日(7月10日)、網走市内を視察しました。代表団は王秀雲・中日友好協会副会長や湖南省湘潭市の劉建寛・副市長、同省郴州市の張愛国・副市長ら5人。北海道市長会と同協会の相互訪問交流事業の一環。網走では博物館網走監獄、オホーツク流氷館、モヨロ貝塚館を視察されたそうです。

夕方からの地元との懇談会には水谷洋一市長や小田部善治・市議会議長、木目澤一三教育長らが出席。私も網走日中友好協会事務局長として臨席させていただきました。

王・副会長は「北京では高層ビルとコンクリートに囲まれて暮らしているので、北海道のどこまでも広がる雄大な自然やおいしい空気、新鮮な食べ物はとても魅力的。紅葉の時期や流氷の季節にも網走を訪れてみたいです」と挨拶。湖南省の2人の副市長は、省内にある観光地・張家界(カルスト地形で険しい峰々が林立するエリア)を紹介し、「多くの日本人が観光に訪れています」と話していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月10日】幸運のコインで、もう一度網走へ。

網走市内の商店街アプト・4では今日(7月10日、サン・プリンセス2回目の寄港日)からお買い物をしてくれた乗船客や乗組員に「開運 七福神御縁玉」(5円玉)をプレゼント。由来や御利益などを日本語、英語、中国・簡体字、中国・繁体字、韓国語の多言語で説明したリーフも付けます。

七福神まつりを20年に渡って開催してきた商店街の歴史を前面に打ち出した企画。祭り開催時に宝船から来場客に配っていた開運御縁玉を合計3000枚用意。商店街の気合を感じます。世界中から訪れる乗船客や乗組員の皆さんが再び網走を訪れてくれるよう、fortune coinが紡ぐ御縁に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】スターライトオホーツクwithKAGAYA運行決定!

【石北本線利活用推進連絡会設立記念行事 第2弾 団体貸切イベント列車「スターライトオホーツク with KAGAYA」を運行します】

鉄道で地域おこしをーと言ってきた関係上、私も事務局長を務めさせていただいております石北本線利活用推進連絡会(会長・亀丸俊一北見工大教授)は石北本線の活性化と新たな観光素材としての価値創造を目指そうと、CG業界屈指の映像クリエーターKAGAYA氏とJR北海道の協力を得て団体貸切イベント列車を企画しました。鉄道の旅の楽しさと、CGアートの魅力を同時に楽しめる列車になると思いますので、ぜひご参加ください。詳細は下記をご覧ください。

行事名:石北本線利活用推進連絡会設立行事第2弾

イベント列車「スターライトオホーツクwith KAGAYA」

日時:平成26年8月2日(土)
運行時間
網走発15:50頃
北見着16:57頃
北見発17:25頃
金華着18:06頃

金華発18:19頃
北見着18:57頃
北見発18:59頃
網走着19:57頃

主催:JR北海道網走駅ツインクルプラザ網走支店
企画:石北本線利活用推進連絡会(網走を拠点に鉄道で地域活性化を目指すMOTレール倶楽部や北見工大、国土交通省北見運輸支局、JR北海道旭川支社などで構成)、北見市美術展実行委員会
協力:KAGAYAスタジオ
<見どころ>
①北見市内の北網圏北見文化センターの美術展「天空のキャンパス-KAGAYA星空アート展-」(7月12日開幕)と連携し、JR花巻駅でのプロジェクションマッピングや銀河鉄道の夜をモチーフにした作品などで知られる映像クリエーターKAGAYA氏が同乗します。

②車内をKAGAYA氏の作品群で装飾。車両前面には同氏オリジナルのヘッドマークを金華方に装着します。

③車内ではKAGAYA氏が一日車掌に扮し、同氏デザインの厚紙切符や乗車証明書のプレゼントや記念撮影、サイン会などを実施します。

④夕食は網走市内のabashiri天都山アンテナカフェがプロデュースした弁当「究極の駅弁」を提供。地場産食材を使い星空をイメージした弁当を味わえます。

⑤MOTレール倶楽部謹製記念タオルのお土産付き。

募集定員:60人
参加費:
網走発着
おとな(中学生以上)5600円
子ども(小学生)4200円

北見発着
おとな(中学生以上)4500円
子ども(小学生)3700円
※弁当+ドリンク2本(ビール、チューハイ、ソフトドリンクなど)が付きます。

申し込みは、網走駅ツインクルプラザ網走支店(電話0152・45・1513)へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月9日】大型客船サン・プリンセス入港時間がきょうから変更。感動朝市は20日朝開幕!

【大型客船サン・プリンセス入港時間がきょうから変更。感動朝市は20日朝開幕!】
先週から網走寄港が始まった大型客船サン・プリンセス(77000トン)の入港時間がきょう(7月9日)から変更。当初毎週木曜日朝入港で夕方出港のデイステイのスケジュールでしたが、きょうから水曜日夕方(午後5時)入港、翌木曜日夕方(午後5時)出港のナイトステイ付きに。乗組員の休養確保とのことですが、結構な数のお客様(乗組員かな?)がタクシーで網走の夜の街に繰り出しています。大いに歓迎して、乗船客に「また網走に行ってみよう」と思ってもらうことが大事だと思います。ということで、網走感動朝市もサン・プリンセス対応シフトで20日から開幕。昨年は週末だけ開催でしたが、今年はサン・プリンセスが入港する「木曜日」の朝も営業。朝市横の公園スペースで生ホタテの浜焼き体験をサービスするなど新たな企画も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月9日】中国駐札幌総領事館・ 滕安軍総領事をお迎えして

10455651_749588635105358_1683967703

中国駐札幌総領事館の 滕安軍総領事の御一行がきょう(7月9日)、網走市内を視察。私も網走日中友好協会の事務局長としてご案内させていただきました。はじめに水谷洋一・網走市長を表敬訪問。その後、博物館網走監獄、オホーツク流氷館と回り、鮨かっぽう花のれんで地元政財界関係者との懇談会と続きました。網走を訪れる中国人観光客の数は既に東日本大震災前の水準を大きく上回っており、昨年は3608人で1999年の調査開始以来最高を記録。 滕総領事に聞くと「北海道は中国人にとって憧れの観光地。特に流氷は中国で目にすることはできず、PR次第で中国人の網走来訪はまだまだ増える」とのこと。民間レベルや自治体レベルの交流を地道に続けながら次世代の関係を考えていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月7日】ちくわ対決、次のステージへ。

きょう(7月7日)のプレイバック。
先週末に対応し切れなかったデスクワーク関連の作業を午前中に片付け、午後から市役所やお見舞い、水曜日開催の宴席の打ち合わせ、観光協会、事務所など順番に。先週から毎週木曜日の網走寄港が始まった大型客船サン・プリンセスのお客様の動きを知りたく商店街のお店や飲食店などでインタビュー。「香港や台湾などからの外国人観光客がほとんどだったという印象」「wifiを探し歩く人がいた」「オホーツクあばしり和牛を使ったコースが人気」「長靴を買い求めるお客様がいた」「網走のパンは美味しいと船内で話題になり、パン屋さんを探していた」など断片的ながらリアルなお話が多数。これらの情報を参考に第2便以降の受け入れ充実につなげたいところ。ちなみに今週から入港が木曜朝から水曜夕方に繰り上げられるそう。出港は翌木曜日夕方出港のまま。
夜は網走青年団体連合会のちくわ部会のブレーンストーミング的な会合。斬新かつビッグな宿題を頂く。頑張らねば。
韓国出張の移動中に読んだ内田樹さんの「街場の共同体論」、今の時代の空気感やその根底にあるものを考えさせられる1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月6日】天都山→パークゴルフ→ホクレンディスタンスチャレンジ。

今日(7月6日)は午前中、オホーツク流氷館の通算3回目の「セラピーフェスタ」を見学。天都山の景観と各種セラピーで「癒し」のひとときを提供しようと流氷館独自で企画。ハンドマッサージやフェイシャルトリートメント、ヒーリング体験などのメニューが市価よりも割安で受けられるということで多くの女性客で賑わっていました。会場にはアロマが焚かれ、知床を見渡す絶景とともにリラックスできる空間が出現。ぜひ建て替え後の新・流氷館でも継続して開催して頂ければ集客のひとつの要素になると思います。
続いて博物館網走監獄へ、開館記念日のお祝いのご挨拶に。園内のハスやルピナスが綺麗に咲いてます。
午後からは町内会の親睦パークゴルフ大会。大叩きでダントツの最下位に。懇親会で先輩方から慰められる。
終了後は市営陸上競技場へ。陸上長距離競技会ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会を観戦。選手たちの走りは迫力満点。熱い場内放送やコース脇の看板をバンバン叩きながらの応援も毎年の風物詩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月4日】網走からの韓国蔚山広域市南区訪問団2日目

捕鯨文化をご縁に網走市と友好パートナーシップ協定を結ぶ韓国蔚山広域市南区へ。網走から14人の訪問団は7月4日、蔚山広域市内を視察。かつて捕鯨の基地として栄え、今も50軒以上のくじら料理店が軒を連ねる入江「長生浦」、新羅時代の建造物を復元再現した「太和楼」、蔚山を流れる太和江上流部の中州に広大な竹林を整備した「太和江大公園」、くじら捕りを含めて先史時代に当時の暮らしの様子が彫られた盤亀台岩刻画(国宝)などを見学して回りました。盤亀台岩刻画はすぐ脇を流れる川の下流域にダムが建設された結果、水に浸ることが増え劣化が進行。何とか保護保存をーということで国や自治体総出の保存プロジェクトが進んでいるとのこと。見学中には、くじら祭りに合わせて現場視察に訪れた羅善華・韓国文化財庁長官と金起炫・蔚山広域市長に遭遇。金市長は7月1日に就任されたばかり。お忙しそうだったので簡単にご挨拶。南区と交流を深める網走のこともご存知のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7月3日】韓国蔚山広域市南区の鯨祭りを訪問

【網走市から韓国蔚山広域市南区の鯨祭りを訪問】

捕鯨文化を縁に網走市と友好パートナーシップ協定を結ぶ韓国蔚山広域市南区の鯨祭りに合わせ、網走市から私も含めて14人の訪問団が7月3日、同区を訪れました。

一行は、6月の選挙で当選し、就任したての徐東旭(ソ・ドンオク)南区庁長を表敬訪問。徐区庁長は「就任して初めての外国からのお客様として皆様方を迎えさせて頂きます。鯨の縁でつながった網走市との友好交流関係をこれからも続けていきたいと思います」と挨拶。網走市の大澤慶逸・副市長は「毎年、網走の流氷祭りなどに合わせて多くの区民の皆さんに来訪頂いていることに感謝申し上げます。徐区庁長も来年の流氷の時期にぜひ網走へお越し下さい」とPR。徐区庁長は「日本へは何度か行っていますが、まだ北海道へは行ったことがありません。必ず網走へ伺います」と応じました。

その後、一行は歓迎晩餐会やくじら祭り開幕式などに参加し、南区民や日本各地の捕鯨関連地域の関係者らと交流を深めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月2日 | トップページ | 2014年7月15日 »