« 【6月14日】商店街は網走の日常を感じられる滞在スポット、商店主が案内する「まち歩きガイドツアー」で商品化を。 | トップページ | 【6月16日】JR釧網本線利活用推進協議会@弟子屈町に出席。 »

2014年6月15日 (日)

【6月15日】人生初、ポルトガル料理「フランセジーニャ」に挑戦。

朝9時から、網走消防署並びに網走消防団女性分団・第1分団春季消防演習を視察。署員、団員の皆さんの規律正しい所作行動に感銘。
10469583_735651566499065_41061825_2

終わった足でエコーセンター2000へ。サッカーW杯のパブリックビューイング、日本vsコートジボワールの試合の最終盤を観戦。
やっぱりみんなで応援するのは楽しい、一体となった歓声が疑似スタジアムのような雰囲気。試合終了後も次戦の勝利を目指して「ニッポン」コールが沸き起こる。
10472207_735651573165731_447529594_

午後は自宅で原稿書き。最近、ありがたいことに原稿のご依頼が多い。地方政治関連、鉄道、まちおこし、観光振興、食文化、日韓関係いろいろなテーマで書いてます。

10477620_735651569832398_795185115_
サッカーW杯は、ブラジル開催。「ブラジルってポルトガル語だよなあー」とぼんやり考えていたら「ポルトガル料理」に興味がわく。
いろいろ調べて、網走で買える材料で作れそうな「フランセジーニャ」に挑戦。生ハムやベーコン、チーズ、トマト、マスタード、バジルソースなどを挟んだホットサンドにトマトソースをかけて食べるというハイカロリーメニュー。フランスのクロックムッシュがモチーフの料理のようですが、ポルトガルのポルトという街のご当地グルメだそうです。ということで、自宅台所でいそいそと調理。肉感たっぷり、かなりのボリュームの「フランセジーニャ」が完成しました。焼いたベーコンの香ばしさ、トマトの甘み、バジルソースの酸味などが絶妙のコラボ。サルサソースを改造した自家製トマトソースがトーストに染み込み、おいしい逸品となりました。人生初の「フランセジーニャ」。今度はポルトガルで食べてみたいですね。

|

« 【6月14日】商店街は網走の日常を感じられる滞在スポット、商店主が案内する「まち歩きガイドツアー」で商品化を。 | トップページ | 【6月16日】JR釧網本線利活用推進協議会@弟子屈町に出席。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334198/56511703

この記事へのトラックバック一覧です: 【6月15日】人生初、ポルトガル料理「フランセジーニャ」に挑戦。:

« 【6月14日】商店街は網走の日常を感じられる滞在スポット、商店主が案内する「まち歩きガイドツアー」で商品化を。 | トップページ | 【6月16日】JR釧網本線利活用推進協議会@弟子屈町に出席。 »