« 2014年6月18日 | トップページ | 2014年6月23日 »

2014年6月21日

2014年6月21日 (土)

【ご報告】議会改革度ランキングで網走市議会ランク上昇。733位から485位へ。3年間の議会活性化の取り組みに一定の成果。さらなる改革の上積みで全国平均以上の議会を目指したい。

10460981_739220882808800_1218913461
※本文と画像は関係ありません。

雑誌「日経グローカル」が2年ごとに調査する「議会改革度ランキング」の最新版がこのほど発表(2014年6月16日号掲載)され、網走市議会は全国813市区議会中485位で前回の733位から大幅に順位を上げました。3年前の改選直後から議会全体、いわば「チーム網走市議会」として続けてきた議会活性化、議会改革の取り組みが少しずつ成果をあげつつあると受け止めていますが、一方ではまだまだ全国平均の水準には達していないというのも事実。現在策定作業を進めている議会基本条例の制定や、議員間の政策的な討議の積極実施などの改革を上積みし、さらなる高みを目指していきたいと思います。市民のみなさんに開かれた、創造力と行動力を兼ね備えた議会を創ることが、人口減少や少子高齢化の急速な進行に直面する網走市の未来のまちづくりに資すると考えています。

さて、今回の結果を細かくみると、総合偏差値は45.45(前回比6.18ポイント上昇)、公開度偏差値は50.59(同14.64ポイント上昇)、住民参加度偏差値46.11(同1.34ポイント上昇)、運営度偏差値43.56(同1.53ポイント上昇)。公開度偏差値の上昇が総合偏差値を押し上げ、全体の順位上昇につながったことがわかります。インターネット・ユーストリームによる本会議と委員会の中継&録画配信に加えて、議案、議事録、政務活動費の収支報告書のインターネット上での公開も評価されました。あとは、議決に対する個々の議員の賛否の公開を具現化できれば、公開度は全国水準以上のレベルとなります。  一方、残念ながら住民参加度や運営度については、大きな変化は見られませんでした。現在不定期で年1回以上開催している議会報告会(または意見交換会)を制度化、定期化したり、議案以外のテーマで議員による自由討議による論点抽出などを積極的に行ったりすることなどでさらに改善を図れそうです。

ちなみに他都市の状況は、全国トップ3は1位:四日市市、2位:会津若松市、3位:高山市。北海道内は帯広市が24位(前回41位)、登別市が56位(前回36位)でトップ100入り。オホーツク管内では北見市が682位(前回287位)、紋別市が752位(前回458位)でした。議会活性化、議会改革は各議会で急ピッチで進んでおり、少しペースが落ちるとあっという間に他都市に抜かれて順位が落ちていくようです。また、印象的だったのは江別市議会。網走市議会の議会運営委員会でも視察させていただきましたが、議会基本条例の策定を議員総出、手作りで進めた結果、今回は290位(前回780位)と大躍進を成し遂げました。

あくまでも議会改革度ランキングはひとつの指標であり、議会改革の成果を「見える化」する上では有益だと考えます。しかし、ランキングの順位を上げることが目的化するのも本末転倒です。議会において情報公開、住民参加、運営改善が進むことで、議会の機能が高まり、地域の課題解決やまちづくりの進展につながってこそ、改革の意味を成します。網走の街や市民のみなさんにどれだけ資することのできる組織なれるか、という視点で議会改革を進めていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6月21日】久々に晴れ渡った網走。

10452327_739158959481659_17063290_2
6月21日、午前中は東藻琴・カネダイ大橋牧場の牛魂慰霊祭に参列。式典後の直会では地元のみなさんや関係者のみなさんと交流。青江三奈さんのそっくりさん明江三奈さんやチャレンジライブの山本勝栄さんらが会場を盛り上げてました。ワールドクラスの評価を得ている知床牛の他、大空町の友好都市・熊本県氷川町の天然アユなど地域の逸品でのおもてなしに感動。その後、網走へ戻り、稲富神社周辺の環境整備にあたるみなさんにご挨拶。中園・フロックス公園の初夏の様子もなかなか美しいですよ。花の色がない分、落ち着いた印象の風景が楽しめます。

10462968_739220866142135_5955207866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6月20日】SLオホーツク号継続運行をJR北海道本社へ要請。

10441276_738615672869321_19627937_2
6月20日は午前5時、網走発で札幌・JR北海道本社へ。SLオホーツク号の来年以降の継続運行を求める石北本線、釧網本線沿線の自治体首長連名の要請書を提出する水谷洋一・網走市長に同席。水谷市長及びMOTレール倶楽部の金指功・事務局次長と共に網走・道東の観光振興と地域経済活性化などのために、地元と一体となってSL列車の継続運行、鉄路の盛り上げに取り組んでいくよう、JR北海道の山上俊行・営業部専任部長らに要請しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6月19日】第2回定例会閉会。新人議員勉強会のメンバーで東京農大で授業します。

10304345_738209599576595_88446668_2

網走市議会は6月19日、平成26年度第2回定例会を閉会しました。最終日は本会議、追加議案の付託→生活福祉委員会→経済建設委員会→議会運営委員会→本会議→広報委員会→網走地区消防組合議会→恋するフォーチュンクッキー網走版の議会有志出演撮影→新人議員勉強会「同期会」の打ち合わせ。
同期会は7月14日、東京農大オホーツクキャンパスの1年生向けフレッシュマンセミナーという授業で「シギカイって何?」をテーマに自治体議会や議員のリアルな姿、網走のまちづくりなどについて、会のメンバーみんなでお話します。市議会を身近に感じてもらえるよう、プレゼンの内容に工夫を凝らして頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月18日 | トップページ | 2014年6月23日 »