« 【5月2日】議員定数・報酬に関する議論始まる。網走市議会。 | トップページ | 【5月7日】コナモン(粉物)の日。 »

2014年5月 6日 (火)

【5月3日~6日】網走と網走周辺の観光関連施設を巡る。「網走行くなら天都山」「天都山で2泊3日」。

ゴールデンウイーク恒例の観光関連施設の現場めぐり。

5月3日
網走市立美術館~モヨロ貝塚館~天都山展望台・オホーツク流氷館~博物館網走監獄

5月4日
道立北方民族博物館~はなてんと予定地~道立オホーツク公園~道の駅メルヘンの丘めまんべつ~めまんべつ空港~西女満別駅~呼人のミズバショウ群生地

5月5日
濤沸湖の水鳥・湿地センター~小清水町のマートフレトイ&道の駅〜油屋福太郎さんのほがじゃ工場〜ゴボウと山わさびの畑〜清里町のジャガイモ焼酎工場〜小清水町のでんぷん団子〜道の駅・ハイランド725〜大空町東藻琴の芝桜公園〜乳酪館

5月6日
北見市留辺蘂・山の水族館~おんねゆ温泉つつじ祭り~女満別空港

現場を見ながら感じたことメモ
・道内観光客が圧倒的に多数(札幌、旭川、帯広、釧路etc)。本州は少ない。
・家族連れ、マイカー移動がほとんど。
・子ども向けの体験メニューを精力的に取り組んだ施設はリピーター確保につながっている。
・飲食にかけるお金は低予算傾向。安くてうまい、B級グルメ的なメニューが人気(マートフレトイの山わさびコロッケなど)。
・花や鳥はタイミングを合わせれば良い素材に会える。鮮度の高い情報をリアルタイムでどう発信するか。ex呼人のミズバショウ、濤沸湖のオジロワシ幼鳥
・お土産物売り場に試食のある施設はお客さんの滞在時間が長く、購買意欲も高い(小清水のほがじゃ工場など)
・モヨロ貝塚館に新たに整備された住居跡や墓跡周辺を歩ける散策路は花を愛でるにも良く、癒しのスポット。
・道立北方民族博物館とモヨロ貝塚館は入館者の興味関心(オホーツク文化、北方民族)が共通。仕掛け次第で2館セット訪問を定番化できそう。
・道外からのお客様に選んで頂けないのはなぜか。航空運賃の高止まり、飛行機のサイズが小さいことによる提供席数の少なさ、他観光地との競争力、行ってみようという動機に乏しい、ガソリンの高騰、安近短志向など。

網走市内および網走周辺地域の観光関連施設の様子を見て歩きました。一番感じたのは、天都山が観光関連施設、飲食施設の集積度合いからして、観光エリアとして極めて多様な切り口を有しており、個別の施設が広範囲に点在する他地域よりも魅力的なスポットであるということ。地域独自の歴史を伝える博物館網走監獄、本物の流氷と絶景に出会える天都山展望台・オホーツク流氷館、国内唯一の北方文化専門施設・北方民族博物館、室内遊戯室や多彩な遊具などで子ども連れに圧倒的な知名度を誇り、優れたキャンプ設備を擁する道立オホーツク公園、さらには、個性的なお蕎麦屋さんやスイーツ屋さん、アイスクリーム屋さん、カフェ、果樹園などが立ち並んでいます。また、東京農大が整備したオホーツクファイントレールなどの森の散策路もあります。世代、性別、嗜好を問わず、あらゆるニーズに対応できるのが天都山だと改めて実感しました。また、天都山はここ数年で大きな転換点を迎えます。今後、道立オホーツク公園は野外遊具、室内遊戯室の大幅リニューアルによるバージョンアップ、天都山展望台・オホーツク流氷館も現行の機能を継承しながら建てかえという流れ。この何年かが「誰もが楽しめるエンタ-テイメント集積地・天都山」としてブレイクスルーできるかのターニングポイントにあるように感じます。天都山がエリアとしての価値を高められれば、道内外のお客様に「網走行くなら天都山」「天都山で2泊3日」をイメージして頂けるような場所になっていくと考えています。

|

« 【5月2日】議員定数・報酬に関する議論始まる。網走市議会。 | トップページ | 【5月7日】コナモン(粉物)の日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334198/56090753

この記事へのトラックバック一覧です: 【5月3日~6日】網走と網走周辺の観光関連施設を巡る。「網走行くなら天都山」「天都山で2泊3日」。:

« 【5月2日】議員定数・報酬に関する議論始まる。網走市議会。 | トップページ | 【5月7日】コナモン(粉物)の日。 »