« エミュー大増殖!名実ともに「エミューの里・網走」に! | トップページ | 北海道保存車両めぐり<その1>網走~湧別~興部~浜頓別 »

2010年5月16日 (日)

東藻琴のシバザクラ6分咲きに

Dsc_0518
北の大地に広がるピンク色のじゅうたん。オホーツク管内大空町東藻琴の「ひがしもこと芝桜公園」のシバザクラがようやく色づいてきました(o^-^o)※写真は5月15日午前11時40分ごろ※国内最大級の10ヘクタールの敷地一面にピンク、赤、白などのシバザクラが広がります。すり鉢状の地形なので、公園の中に立つと、ピンク色の壁に覆われたよう。網走地方独特(地元の人はオホーツクブルーと呼んでいます)の抜けるような青空とのコントラストがとてもきれいですよ。
Dsc_0453
今年は4月末から天候が不安定で、低温続き。そのため、通常ならゴールデンウイークには一通り咲くはずのシバザクラがまだまだ咲きません。日当たりの良い公園北側の南向き斜面は6分咲きまできましたが、公園東側の西向き斜面は4分咲き・・・。ただ、これから暖かい日が続きそうなので、一気に咲く見通しです。地元のおじいちゃんが一株一株植えるところから始まった芝桜公園の歴史。今年は、エースJTBの40周年記念キャンペーン「日本に、もっと恋しよう」のポスターに採用されたり、北海道国際航空(エアドゥ)の機内誌「rapora5月号」に紹介されるなどまたまた注目を集めています。
Dsc_0469
園内の移動も楽々。バイオ燃料を使った遊覧車が走っています。
Dsc_0451
元気な方は階段をどうぞ。こちらは111段。シバザクラに囲まれて、健康づくりはいかがでしょう。真剣に上ると息が上がりそう・・・。
Dsc_0460
じっと見てみると、一輪一輪ほんとうに小さな花。かわいらしいでしょ。色も微妙に違っていて、単純なピンクではないのです。
Dsc_0471
こちらは芝桜公園の隠れた名物「銀嶺水」。藻琴山(標高1000メートル)の伏流水を味わえます。網走市や大空町東藻琴の上水道にもなっているおいしい水です。

|

« エミュー大増殖!名実ともに「エミューの里・網走」に! | トップページ | 北海道保存車両めぐり<その1>網走~湧別~興部~浜頓別 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334198/34712742

この記事へのトラックバック一覧です: 東藻琴のシバザクラ6分咲きに:

« エミュー大増殖!名実ともに「エミューの里・網走」に! | トップページ | 北海道保存車両めぐり<その1>網走~湧別~興部~浜頓別 »